多重債務でも借りれる?

クレジットカードや他社のカードローンを複数申し込みしていたり借入限度額を超えてしまうような多重債務ではもしお金が借りたいと思っても、これ以上のカードローン申し込みは受け付けてもらえず又審査も通らないでしょう。

多重債務

  1. 多重債務
  2. 多重債務 夫
  3. お金がすぐに必要なとき
  4. 消費者金融で借りる
  5. 多重債務者でも借りれる?
  6. 中小消費者金融会社のおまとめローンの限度額
  7. 多重債務でも借りれる?
 
 

多重債務

別にブラックではないけれど、お金が借りれない属性として多重債務という人がいると思います。クレジットカードや他社のカードローンを複数申し込みしていたり、借入限度額を超えてしまうような多重債務ではお金が借りたいと思っても、これ以上のカードローン申し込みは受け付けてもらえず、審査も通らないでしょう。

大手の審査ではブラックだからお金が借りれないとよく聞くと思いますが、多重債務も同様お金が借りれない人の属性にあてはまるというものです。これは銀行カードローンも利用出来ない事を意味しているので、本当に正真正銘大手のカードローンではお金が借りれない事が絶対だと言えるでしょう。

多重債務は借金が多いのにも関わらず、更に水増し行為のようにお金を借り続ける人が多いので、さすがに消費者金融も銀行もお金を貸してくれる事はないという事です。それでもお金が借りたい借りたいと多重債務者は願ってしまうようですが、これ以上の借入は自己破産をしてしまう危険性もあるかもしれませんよ。

債務整理しか手段が選べなくなったら、ブラックになったりするのも厄介だと思います。多重債務の人はなるべくキャッシングで追加融資をしてもらう事は避けましょう。新規借入申し込みも禁止すべきだと思います。
 
ブラックになってからでは本当にお金が借りたい時に借りれなくなってしまうので、多重債務はまず自分の状況をよく理解した上で、おまとめローンなどで多重債務を減らしましょう。
 
▲メニューに戻る

 

多重債務 夫

世の中にはお金が借りれる人もいればお金が借りれない人もいる。大手のカードローンならば審査通過率が半々な感じですよね。

今日中にお金が借りたい人が申し込みしても、絶対に審査に通るなんて消費者金融や銀行カードローンは何処にもありません。本当に神に祈るのみっていう人が多いものだと思います。家の夫も多重債務時代は審査に通らなくて、苦労の連続でしたからね。

しかし、どんなに神頼みしたとしても絶対にお金が借りれない人の代表として、自己破産者や多重債務があります。自己破産の人はブラックが長期に渡って続くので、通常カードローンで借入するなんて到底出来ないものだと言えます。

さらに、多重債務であれば総量規制オーバーの可能性があったり、総合的に借入限度額を超えている可能性もあったりで、審査で通らない事がほとんどでしょう。こうなってくるとブラックや多重債務は、大手のカードローンでもうお金が借りれない事となるのです。

夫は多重債務でしたので、おまとめローンを検討をするようですね。既にブラックならば、大手以外の消費者金融でのキャッシングとか闇金しかお金を貸してもらえないでしょう。多重債務も度が過ぎる多重債務では、これ以上の借入が出来ない人とレッテルを貼られている以上、やはり大手でお金を借りる事が出来ない属性となっているのです。

ただ、ブラックと違って多重債務は債務整理や自己破産をしているわけではないので、完全ブラックの人よりまだ救われるものがあるかもしれません。多重債務者であれば債務整理前の状態だから、借金さえなんとか返済していけばすぐにカードローンも使えるようになるでしょう。

その方法として一番おすすめ出来るものとして、おまとめローンがあります。ですので、借金が多い人は夫のようにおまとめローンすれば多重債務を解決出来るのではないでしょうか?

フリーローンでお金が借りれないかもしれませんが、消費者金融や銀行がお金を貸してくれる方法として返済目的のおまとめローンならば審査に通るのかもしれませんでした。おまとめローンを使えば借金返済も夢じゃなくなるし、完済だって確実なものとなってくれるでしょう。

他社借入を一本化しておけば、後に又新規でキャッシング申込みする事も可能だしお金もいつも通り借りれるようになります。ブラックじゃない多重債務が唯一救われる点と言えば、この事なのです。

ブラックでは大手キャッシングでおまとめローンを利用出来ないし、お金も借りれないといったものだけれど、多重債務ではフリーローンがだめでもおまとめローンなら出来るってものでしたからね。夫もおまとめローンで無事借金を完済出来るというものです。
 
▲メニューに戻る

 

お金がすぐに必要なとき

お金がすぐに必要なら、銀行か消費者金融会社からお金を借りるしかないでしょう。もちろん手持ち資金があればいいのですがなければ、銀行か消費者金融会社からお金を借りるしかありません。この場合どちらでもいいというのではなく、まずは銀行カードローンなどからお金を借りるようにしたほうがいいでしょう。

それは銀行の金利が低いからなのですが、他にはやはり消費者金融会社のイメージがいまだにサラ金ということも大きいのです。銀行からお金を借りることができなければしかたがないのですが、まずは銀行からお金を借りるほうを模索したほうがいいでしょう。

消費者金融会社がサラ金と呼ばれているのは今の若者でも知っているくらいですから、サラ金という言葉は消費者金融会社がその中身をガラリと変えたとしても、やはり消費者金融会社はいつまで経ってもサラ金というイメージから抜け出せないということでしょう。

しかし、現在の消費者金融会社はサラ金という言葉を使われるのは、かなり嫌なものでしょう。というのも、多くの人のサラ金のイメージというのは、厳しい取り立てがまずはくると思います。これは20年前くらいでしたら厳然とした事実で、何度もテレビなどで取り上げられたほどですし、厳しい取り立てにたまりかねて夜逃げをするくらいならいいのですが、一家心中という悲しい事件に発展したケースもあるのです。

そういった衝撃的なニュースや実際の厳しい取り立ての音声が残っていてそれがテレビで放映されたのですから、それがいまだに脳裏に残っている人が多いのです。ですから、そういったことから、消費者金融会社でお金を借りるのは怖いというイメージがつきまとっているのです。

もっとも、消費者金融会社は問題がったころから世間からのバッシングがあったり、法律からの締め付けがあったりして、徐々に衰退していきました。一時は消費者金融会社の数は3万社を超えたというこらい、その数は多かったのですが、現在の消費者金融会社は2,000社弱となっているのです。かなり消費者金融会社は減少した形となりましたが、問題が発覚してからこれまで消費者金融会社の歴史は淘汰の歴史だったということでしょう。

消費者金融会社は上限金利が決まっていたのですが、グレーゾーンという金利ゾーンがあり最高金利で貸し出しができていた時代があるのです。利息制限法などで上限金利が20%と統一されてことで、それまでのグレーゾーンでの金利の時代も遡って過払い請求としてローンを利用して返済を済ませた人が、過払い請求ができるようになったのです。これは消費者金融会社にしてはかなりの痛手でした。これによって消費者金融会社の淘汰が進んだということです。

さらに、総量規制などで収入の3分の1間でしか消費者金融会社からは借り入れできなくなったのも大きいでしょう。いずれにしても、消費者金融会社はかなり淘汰されました。現在大手と言われるアコムやプロミス、レイク、アイフルなどは全て一度は経営破綻を経験しています。名前は一緒ですが、中身は別物の消費者金融会社として生まれ変わったと言っていいでしょう。アイフル以外はメガバンクやネット銀行の金融グループの傘下に入っているのも特徴といっていいでしょう。

消費者金融会社についていろいろ書きましたが、お金を借りることに話を戻します。消費者金融会社でお金を借りる寄は、最初は銀行カードローンからお金を借りるようにしましょう。まずは融資の申し込みをしなくてはいけません。そこから、審査が始まるのです。審査に通らなければお金を借りることはできないのです。

審査は属性の高さが大きく影響をします。属性というのは信用度とか返済能力を示す指標となります。属性というのはさまざまな項目から決められるのですが、一番の項目は雇用形態です。雇用形態というのは正規雇用と非正規雇用に分かれているのですが、正規雇用のほうが属性が高いです。一方で非正規雇用の人でしたら属性が低いということになります。

また、銀行カードローンの審査基準は厳しいので、非正規雇用の人でしたら審査に通らないことも多いでしょう。もともと銀行は審査が厳しいでのすが、これは銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった大切なお金というのがあり、貸し倒れを防ぎたいということなのです。このことから、銀行カードローンの審査は厳しいということになります。

さらに、銀行カードローンのデメリットとしては、即日融資ができないということです。これは朝早くに行ってもできません。というのも審査の中に警察庁のデータベースにアクセスしなくてはいけないのですが、その照会情報がもどってくるのが翌日になってしまうのです。このシステムが改善されない限りは銀行カードローンの即日融資は期待できないということですね。

ですから、すぐにお金が必要というときは、銀行カードローンを頼ることはできないので、そういったときは消費者金融会社のカードローンに頼るしか方法がありません。消費者金融会社のほうが審査基準が緩いので、属性に不安のある人でも融資を受けることができるでしょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

消費者金融で借りる

銀行カードローンで借りることができなかったら、消費者金融のカードローンに融資の申し込みをするようにしましょう。消費者金融会社のカードローンにも審査があります。銀行カードローンよりも審査が緩いので、属性の低い人でも消費者金融会社のカードローンでしたらお金を借りることができるでしょう。

それでも消費者金融会社カードローンを借りている人は、複数の債務をもっている人が多いと思います。そういう人はできるだけ早いうちにおまとめローンを利用して、複数の債務の一本化をしたほうがいいでしょう。

とりあえず、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしたほうがいいでしょう。消費者金融会社のカードローンの申し込み方法は多彩です。店頭やWEBからの申し込みはもちろんですが、アコムやプロミス、アイフルといった大手消費者金融会社でしたら、主要都市のあちこちに無人契約機を設置しているのです。

無人契約機は24時間365日いつでも開いているので、いつでも融資の申し込みが可能です。すぐにお金が必要だというときでも、22時までに手続きを済ませることができたら、ローンカードも無人契約機から発行されるので、それをもってコンビニATMに行き、キャッシングすることができます。

この即日融資というのが消費者金融会社のカードローンの最大のメリットといってもいいでしょう。金利の低い銀行カードローンを利用したいところですが、即日融資というその日のうちにお金が必要な場合でしたら、遅い時間でも融資をしてくれる消費者金融会社のカードローンが一番なのです。

ただし、消費者金融会社のカードローンには金利が高い以外にもデメリットがあるのです。それが総量規制です。年収の3分の1までしか借りることができないというものですが、これだけは法律ですから、それ以上借り入れすることができません。どれか一つでも早く債務を完済しなくてはいけないのです。

もっとも毎月3万円の返済をしているのでしたら、単純に3万円新たに借りることができるので、債務全体を返済しないと新たな借り入れができないというわけではないのです。ですから、毎月の返済で債務残高が少なくなっていくので、その分借り入れできる金額が増えていくということです。
 
▲メニューに戻る
 

 

多重債務者でも借りれる?

複数の債務と多重債務はどのように違うのでしょうか。一般的に銀行カードローンでしたら、多重債務は2社までとされることが多いです。ですから、債務が3社になると多重債務者ということになります。

一方の消費者金融会社ではどうでしょうか。これは多重債務は4社からと言うことが多いようです。ですから、消費者金融会社の場合は3社までは多重債務者ということにならないというわけです。

ここで、複数の債務と多重債務でしたら何が違うのでしょうか。答えは簡単で、多重債務者は消費者金融会社のカードローンから融資を受けることができません。ということは借りることができないということです。

消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社のカードローンの審査が一番厳しく、中小消費者金融会社やさらに小規模な消費者金融会社である街金は審査が緩くなります。

消費者金融会社のカードローンの審査では、多重債務者は返済するにもお金を借りないと返済できない。つまりは返済のために借金をする体質と見られるわけです。ですから、多重債務者であれば、大手消費者金融会社のカードローンからお金を借りることはまずできないでしょう。

そうなると中小消費者金融会社や街金を頼ることになりますが、ここで気になるのが総量規制です。複数の債務ということは、あるいは多重債務ということでしたら、総量規制にかかるくらい債務があることでしょう。そうなるとそれ以上というか、債務全般の支払いができる借り入れができるのかどうかということになるのです。

総量規制というのは使途自由のフリーローンのみ対象となるので、目的型のローンは対象外となります。目的型ローンといえば、教育ローンやマイカーローンなどがあります。またおまとめローンも目的ローンの一つですから、複数の債務や多重債務を抱えている人も十分に借り入れができるのです。多重債務者が審査に通らないということでもないのですが、一つ問題があるのです。
 
▲メニューに戻る
 

 

中小消費者金融会社のおまとめローンの限度額

消費者金融会社にはそれぞれ、融資限度額が設定されています。カードローンでも800万円のところがあれば、500万円のところもあります。これと同じようにおまとめローンにも各消費者金融会社で利用限度額が決まっているのです。

500万円とか300万円などが相場となるのですが、債務の合計額が400万円の人が、300万円のおまとめローンの限度額の消費者金融会社にお金をかりようとしても、おまとめローンになりません。

それでも300万円分の複数の債務を一本化できるのでしたら、それでもいいのですが、たいていは、もっと大きな金額の取扱いのある消費者金融会社を探すことでしょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

多重債務でも借りれる?

多重債務でも借りることができるのかどうかですが、これは中小消費者金融会社や街金などでチャンスがあるでしょう。総量規制にかかってないことが条件となるのですが、新たなローンの借り入れとなると、独自審査をしているところからお金を借りるようにしましょう。

信用情報機関を通さない審査方法が独自審査です。現在の属性を重視した審査方法なのです。審査方法はシンプルで、電話に夜在籍確認ができること、収入証明書の提出ができること、この2点です。

在籍確認が難しいときは、あらかじめ企業が発行した健康保険証の写しでもOKということです。審査も緩いので多重債務者であれば、中小消費者金融会社や街金を頼るといいでしょう。
 
▲メニューに戻る