多重債務でも借りれる?

クレジットカードや他社のカードローンを複数申し込みしていたり借入限度額を超えてしまうような多重債務ではもしお金が借りたいと思っても、これ以上のカードローン申し込みは受け付けてもらえず又審査も通らないでしょう。

借金あるけどお金借りたい

2018年11月06日 13時46分

  1. 多重債務の勧め
  2. 多重債務はできる人は金融事故がない人
  3. ブラックなら中小消費者金融で借りれる多重債務
  4. 多重債務より限度額を借りよう
  5. ブラックの多重債務について 新規キャッシングはできる?
 

 

多重債務の勧め

借金あるけどお金借りたい。ご安心ください、多分限度額手一杯借りていない、返済も遅れていないのであれば、まだ借りれる可能性があります。
 

どんな借金を持っていますか?

カードローンが銀行カードローンである場合は、これから大手消費者金融のキャッシングができる可能性は高いです。銀行カードローンに関しては、数枚持つことしないほうが良いでしょう。

そして、大手消費者金融のキャッシングをしているのなら、銀行カードローンではなく、別の大手消費者金融のカードローンの方が審査は通りやすいです。借入先として、大手消費者金融同士で多重債務者の話しは良く聞きます。ですから、限度額と返済をきちんとしているのなら、3社程度の大手消費者金融の多重債務は許容範囲です。
 

 

ここで整理をしてみましょう

大手消費者金融は現在それぞれの金融グループに所属しています。
独立系は、アイフルとレイクALSAだけです。

プロミスとSMBCモビットは三井住友銀行グループ、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループです。
ですから、現在プロミスのカードローンをもっている方は、SMBCモビットに申し込みはしない方が良いです。
同じグループだからです。

ちょっとしたことですが、銀行関係などで、気をつけると審査通過もしやすいと言います。
銀行カードローンでも被らないようにした方が借りやすいと言われています。
 

個人信用情報機関ではバレバレですが

信用情報を確認することで、どこに借入があることは知られてしまうのです。
それと返済事故がなく、返済能力が安定しているのなら、借りられないこともないですが、気をつけるに越したことはないです。金融グループに関しては、意識して損はないことです。今後のキャッシングでも何かと関係します。
 

 

銀行カードローンの審査

銀行カードローンでは保証会社が審査をしますが、それが金融グループの大手消費者金融の場合があります。
ズフズブという関係ではないのですが、金融事故やブラック情報に関しては互換性がない方が都合は良いです。
それぞれ違う金融グループのキャッシングやカードローンをしていたほうが良いということです。

多重債務者は否定しないのですが、金融業者、金融機関では危険因子として完済までを守っていることになります。消費者金融は総量規制範囲内での多重債務もできますが、完済ができると自負があるのなら、違う金融グループのカードローン申し込みがおすすめです。
 

大手消費者金融では3社

多重債務の許容範囲としては大手消費者金融では3社、中小消費者金融と街金で4社程度だとされています。
どちらも限度額は総量規制範囲内で年収3分の一です。
 
▲メニューに戻る
 

 

多重債務はできる人は金融事故がない人

多重債務は基本的にできないことではないです。
銀行カードローンと大手消費者金融カードローンを使いこなしている方も多いですし、大手消費者金融数社の返済をしている方も。それにクレジットカードのキャッシング枠も加わったり。
何気ないキャッシングですが、多重債務はできないことではないです。
 

2社借り入れキャッシング

大手消費者金融もできますが、もし現在の借入しているカードローンで限度額があるのなら、そのまま借りることをおすすめします。大手消費者金融の場合は、多重債務になったとしても借入限度額が増えることはないです。
現在の借入できる金額が移行するだけです。多重債務も単独債務も総量規制は同じです。

ただし、銀行カードローンの方が新たに大手消費者金融の申し込みは新たな総量規制の増額になります。
銀行カードローンの限度額は、総量規制とは別物です。
 

 

借金があるのに借りれる?

例えば、住宅ローンを持っている方が、自動車ローンやキャッシングができる方はとても多いです。
毎月クレジットカードでお買い物をしているとか。彼らの信用情報では、記録として借りて返してという内容です。

さすがに限度額は越えられないのですが、いわば多重債務のようなものです。
キャッシングにしても、総量規制と言って年収3分の一の縛りの中では、ある程度の多重債務ができるということです。
 

信用を落とさないために

きちんと返済をするだけです。
借入先が多くなったとしても返済日に入金を怠らない。それだけです。
この返済をきちんとすることが信用であり、多重債務の可能性を広げてくれることになります。
現在、借金がある方でもその返済をきちんとしているのなら、多重債務は可能です。
 

大手消費者金融の審査基準

大手消費者金融では3社までの多重債務ができるとされています。
総量規制範囲内であれば良いのですが、返済は絶対に遅れないことですが、1日程度の遅れはちたいにならないこともあります。そして、できれば2社止まりが良いとされています。

これは、3社目の審査はどうしても厳しくなってしまうのと、最低返済額が高くなると延滞してしまう場合があるからです。ですから、3社の多重債務になるときには、3社目は中小消費者金融が良いとの口コミも多いです。

消費者金融会社として正規の届け出もしています。
ブラックでも借りれることが口コミは多いですが、ブラックではなく、多重債務のための利用です。
まだ金融事故者ではないので、審査も早く小口融資で返済が楽になる場合があります。
ブラックではないのですが、多重債務の方法の一つとして中小消費者金融の利用は価値があります。
 
▲メニューに戻る
 

 

ブラックなら中小消費者金融で借りれる多重債務

債務者の借金申し込みに関しては、金融業者としては一応確認はします。
ここで、見られる内容は、借入額、借入件数、返済状況です。

それぞれの金融業者の審査基準に合わせた審査になりますが、問題がなければ、多重債務ができます。
大手消費者金融では最大3社程度、甘い審査の中小消費者金融なら4社程度です。
総量規制範囲内であり、過去に返済トラブルがないことが条件です。
 

銀行カードローンの審査

銀行カードローンの申し込みでは、審査基準が厳しいとされていますが、保証会社が行います。
他社の審査になります。個人信用情報機関では国内で3つありますが、情報は共有されています。

銀行カードローンの保証会社では、大手消費者金融の場合もあります。
銀行カードローンでは低金利のキャッシングができることでも審査は厳しいですが、大手消費者金融ほど借りやすい状態ではないと言われています。
 

 

ブラックブラックのキャッシング

ブラックとはブラックリストのことですが、債務整理後5年間程度は、ブラックリストと言われています。
その他、大手消費者金融、銀行カードローンの審査落ちもブラックとされる場合があります。
多重債務のきっかけとして、ブラックになることもありますが、そんな時には中小消費者金融の選択で解決することがあります。

4社までの多重債務ができる中小消費者金融ですが、基本的にブラック金融ができるとされています。
信用情報で金融事故があるとしても甘い審査で、借金あるけどお金借りたい方の要望な対応ができるということです。他社で断られた、任意整理、個人再生の方も融資相談ができるということです。

ただし、延滞と遅滞、総量規制以上の借入はできないようです。
甘いですが、審査体制はきっちりとしています。
 

金融事故者も多重債務が可能?

中小消費者金融の利用で多重債務ができます。
中小消費者金融では、多額のキャッシングができず、総量規制範囲内にかかわらず小口融資になっています。
毎月の返済額を少なくして、長期の返済期間にしますが、完済ができる範囲内での返済計画をたててくれます。
借りやすい環境を作ることで、長く返済利益が上がるようにしていますが、借りる方としては、返済が少ないことは助かることでしょう。

ブラックの多重債務では、常に返済リスクとの戦いですが、零細消費者金融などでは、細部に渡ってケアが期待できます。極甘審査とされる街金などでは、対面審査での多重債務も受け付けます。親切な対応ですが、延滞をしようものなら地獄の取り立てが待っています。ブラックで多重債務を検討されている方は、必ず返済可能金額で延滞ないキャッシングが理想です。
 
▲メニューに戻る
 

 

多重債務より限度額を借りよう

現在債務があるけれど、まだ借りたい方。債務の状況はどのような内容でしょうか?
たくさん借りているか少しだけか。1社なのか2社なのか。
一応様々な条件があり、次の借入先が決まってきます。
 

現在、銀行カードローンの借入だけ

金融機関のキャッシングだけで、次の借入は大手消費者金融が適当です。
多分銀行カードローンの申し込みはしないほうが無難です。

銀行カードローンと大手消費者金融カードローンでは、限度額も内容も違うので、普通に借りれることが多いです。返済の遅れなどがないと、大手消費者金融での即日融資もできますし、無利息期間などの利用でお得に借入ができます。
 

 

現在、大手消費者金融の借入だけ

この場合、1社なら問題はないです。
大手消費者金融では、大方2社までの多重債務は簡単です。
さすがに3社となると厳しいですが、消費者金融会社としては2社程度で少ない金額なら借入ができる場合があります。安定した収入があり、返済トラブルがないことが条件です。返済額もあまり多くないことも大切です。

2社の多重債務が3社目となると、新規キャッシングではなく、まとめローンの提案もあります。
2社の借入だけを1つのローンで借りる方法です。新規の借入で3社の多重債務ではなく、2社の多重債務完済で、1つのまとめローンです。まとめローンにすることで、それぞれ別に別に返済をしていたのを1つにすることで、低金利になることもあります。

借金あるけれどお金借りたい時に、返済を減らしたいとか、必要な金額がまとめローンで解決をするのなら、検討してみてください。銀行カードローン以外の総量規制が関係する多重債務のまとめローンが可能です。大手消費者金融でも商品があります。
 

少しだけ借りている方

2社の借入で大した金額ではない方。
200万円の年収で数万円の借金だと、できれば借りない選択が良いです。
金融業者では、お金を借りることはもちろん悪ではないです。

ところが、収入が低い方のキャッシングは推奨しないです。ある程度の高い収入で、借りることをおすすめしています。大手消費者金融などでは、アルバイトやパートでも借りれるのですが、限度額いっぱい借りれるので、多重債務はしないほうが良いと言います。

私は、この1社だけで借り続けるというのが好印象であり、信用情報的にも効果的だと言います。
あちこち少しずつでも多重債務というのは、次のキャッシングや目的ローンでもデメリットになります。

また、長く1つのところと取引をして、返済事故がないと、消費者金融からの増額、こちらからの追加融資の対応もあります。消費者金融としては、たくさん借りてくれて、きちんと返済をする方は大歓迎です。
そこで、多重債務ではなく、我が社でどうぞ。でもきちんと返してね、ということです。
 
▲メニューに戻る
 

 

ブラックの多重債務について 新規キャッシングはできる?

借金がある。
多重債務の可能性は大手消費者金融ではできるとされていますが、審査落ちしてしまう方も少なくないです。

多重債務でも借りれる借金はあるか?
注目としては、借入ができる可能性が少ない方の借り方の方法です。
そこで、大手消費者金融ではなく、中小消費者金融や街金のキャッシングを確認してみましょう。
 

大手消費者金融と何が違う?

中小消費者金融や街金は、大手消費者金融とは違う審査基準です。
情報サイトでは、ブラック対応とか、金融事故者でも借りれるとされています。
それは本当の話しです。甘い審査ですから、金融事故者でも借りれることはあります。

それにしても限度がありますが、総量規制範囲内で返済能力が認められることで、大手消費者金融で多重債務でも中小消費者金融でも多重債務ができることがあります。審査基準では、中小消費者金融では4社とされていて、さすがに5社の申し込みは困難ですが、返済可能な4社の多重債務ができる場合があります。
 

 

収入があること

会社員でなくても良いのですが、これは大手消費者金融でもパートやアルバイトでも借入ができます。
中小消費者金融や街金では年金受給者も借りれることが多いです。

生活保護者のキャッシングはできないのですが、年金受給者では安定した収入として認められることになります。
ちなみに、生活保護者はキャッシングが禁止されていますが、年金受給者のキャッシングでは規定がないです。
しかし、大手消費者金融では申込対象外です。

専業主婦は大手消費者金融では借入ができないですが、中小消費者金融では借りれる場合があります。
それでも専業主婦の多重債務は対応していない場合が多いです。

普通に収入があることと、既に多重債務なら返済能力があることが金融ブラックの審査通過のポイントになります。
口コミなどでも、安定した収入があることで、中小消費者金融のキャッシングができるようです。
 

総量規制範囲内なら

返済ができる人の多重債務はできないことがないです。
大手消費者金融で審査落ちなら、中小消費者金融ということで、基本的には多重債務ができます。
ただし、一度でも延滞や遅滞をしたり、総量規制以上の借入の申込はできないでしょう。

しかし、そんな時には、大手消費者金融も中小消費者金融もまとめローンの商品があり、総量規制以上の借入ができます。とことん借入に関しては、様々対応がありますが、いずれも収入がある方が審査対象になります。

また、どうしても完済ができないのなら、債務整理などで借金を終わらせたいという選択もあります。
多重債務と債務整理に関しては、紙一重の部分もあり、延滞するのであれば、その場で借入件数は増やさないことです。

債務整理は後ろ向きの方法ではなく、リスタートのためのものであると考えることです。
決して悪いことではなく、既にブラックブラックなら、債務整理でさっぱりした方が良い場合があります。
 
▲メニューに戻る